FC2ブログ

(Thu)

Posted in 未分類

0 Comments

いつだってそれは
わたしの真横に座っている
さみしさより
いとしさより
かなしさより
うつくしきひと
わたしはあなたの影に
神さまを見る

どんな眠気よりもゆるやかな
あなたの声に神さまを聞いた
まろい、まろい声
どんな朝よりも澄んだあなたの目に
わたしは死を思う

完璧な死は朝にしか訪れない
朝は冷たいから
神さまが歩くにはちょうどいい
憂鬱な道案内のあなたを
わたしはそっと盗み見る
あなたに気づかれぬように
神さまに気づかれぬように
とおい夢を盗み見る

スポンサーサイト



四月ばかでした

(Sun)

Posted in 未分類

1 Comments

最近、気になるひとがいる


伏し目がちに話す理知的なひとで、背が高い
男のひとらしい綺麗な手をしていて、誠実で、微笑がとてもすてきで
いつの間にか彼のことばかりを考えています
久しぶりの恋愛ボケであります




続きを読む »

ロストバージン

(Thu)

Posted in 未分類

3 Comments

 銀色が嬉しかった
 ぼくが見違えた気がして
 ひりりとしたかゆさと引き替えに
 ひとつ失ったうれしさ

 世界は簡単に変わる
 触れた冷たさも
 境目の温かさも
 世界の変わりめと
 僕をつなぎ止めている



続きを読む »

(Wed)

Posted in 未分類

4 Comments

創作サイト作りました。


mortuary


よかったらいらしてください
小説はこれから増やすとして、今までここにはあげづらかったものとかもあげていけたらいいなあとか
(書いたけどどこにもあげてないやつとか、女性向けとかも、ね)

まるで自分のお城を作ったみたいに、何でもしていいって言われた気分


しばらく上に置いときます

追記
ついったーもういっこアカウントとりました
交流は下手だけどすきなんです
よかったら
@rin_mortuary

以心デンシンバシラ

(Fri)

Posted in 未分類

0 Comments


 視線などいらない
 きみの言葉がほしい
 さようならより悲しい
 きみの言葉をください

 あのとき僕たちは
 知っていたでしょうか
 言葉がこんなにも大事だったなんて
 知らないでは済まされない過ちを
 見て見ぬふりをして
 生き延びてきたのです

 死にたいと
 言ってしまうことは簡単で
 あまりにもあっけなく僕を生かすから
 誤魔化されたようなつもりで
 きみと生きてきたのです
 きみが死にたいと言うことを恐れながら

 本当は他に言うべきことがあった
 それでも僕は
 あいしてるよりも死にたいを選んだのです
 なんて浅はかで利己的だったのだろうかと
 今悔やむことを
 あのときの僕は知りもしないのです

 きみが何も言わなくなる前に
 あいしてるを選べばよかったのに



続きを読む »