FC2ブログ

アンブレラ

(Sat)

Posted in

0 Comments


 彗星が僕の下に落ちる
 濃紺の影が僕を追う
 僕は逃げる

 そうだ 早く
 傘をささなければ
 彗星の破片に埋もれてしまう
 ガラスのように鋭い塵が
 僕の頬を撫でる

 名前のない宇宙と僕は
 同化しようとしている
 かつて人々が 星に名前をつけて
 地に留めたように

 宇宙は名前を持ち
 ヒトの言葉には星の魂が宿る
 そうだ 早く
 傘をささなければ
 彗星に見つかってしまう

 いまだ名前のない宇宙が僕を見つけたら
 彗星の 輝く破片に埋もれて
 僕の名前は盗られてしまうかもしれない





(今年は肉眼で彗星が見られるかもしれないんですってね!)


スポンサーサイト