FC2ブログ

シワス

(Thu)

Posted in 日常

0 Comments


 一足ずつ時が経って行って
 ぼくだけが置いてけぼりだ
 きっと ただ息をしているだけでは
 死んでしまうのだろう











 相変わらず悩ましい師走である

 さきほど、上のほうにもありますように、年越詩祭の詩を提出してきました。
 十二月に書いた詩は、結構どれも気に入っていて選びづらかったけれど、何人かに意見を伺って決めました。何を出したかは当日まで内緒 やっぱり冬は筆が乗りやすいです。
 お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、ちょくちょく前から初期の記事を整理していました。ブログをはじめたばっかりの頃の詩は、ほとんど未公開にしてしまった。詩やら小説やらをまとめるサイトを作ろうと(九月くらいから)思っていて、何を載せようかと過去の記事を見ていたのですが、まあ なんというか ひどいといいますか ひどくてですね。完全に消してしまうとそのときの自分がかわいそうに思えるので非公開にしただけですが、なにせ子供っぽくて死にたくなりました。そりゃそうだ二年近くも前の話だもの。このブログをはじめたときは、中学三年生の夏休みでした。わたしは今もう、高校二年生にもなっいて、もう行きたい大学のことまで考えている。わたしなんかまだのんびりしていた方で、友人たちはみんな予備校やらで忙しくしていて、やっぱりわたしは置き去りなのではないかと思ったり、思わなかったり いつの間にか幼馴染みがドイツに留学をすることを決めていたり ああ時間って流れてる
 
 話題は変わって、今、風邪をひいています。三日くらい前から喉がおかしくて、昨日はだいぶフラフラしていました。少し熱っぽかったし。この一ヶ月で二回目の風邪です… もう少し丈夫になりたいです。

 明日から二十六日まで、北海道に行きます。風邪っぽいけど(…)
 人生において、四回しか家でクリスマスを過ごしたことがありません。たまには友達と過ごしてみたいな、なんて思いますが仕方がない。雪国、楽しんできます。

 今日から冬休みのはずなのに、未提出物があって、昼ごろ学校に行った。家まで電話がきた。出さないと国語の単位が危ういらしい。やっとの思いで五階まで上がって、提出して、西棟の階段を降りているときに、ハンドベルの音が聞こえた。あの子のことを思い出した。この前から、ずっとあの子のことを考えていて、正直どうしていいのかわからない。傷つけるつもりではなかったのに。傷つけたくないっていいながらどうしていいのかもわからないなんて、自分はなんて なんてひどいんだろうか でも わからないから 今は黙っていようと  ひとを傷つけたくないと思う。自分が傷つくのなら何でも甘受できるのに、人が傷つくのは嫌なんだ なんてわがままな とにかくどうしていいのかわからなくて目を伏せたら、涙が出た。どうしてわたしが泣いたのかもわからなかったけれど、わからないから涙が出たのかもしれないね。願わくはきみが、これを見ることがありませんように。ここにこんな風に書いたのは、ひょっとしたら見て欲しかったのかもしれないなんて思って わたしはずるい人間なのです
スポンサーサイト