FC2ブログ

ロケットの文明

(Thu)

Posted in 読み物

0 Comments


 結局のところ、なるようにしかならないのだ、と思う。

 例えば次の木曜日に、かのご近所の国がロケットを打ち上げたとする。わたしはちょうどその日に街にでかけていて、外でゆったりと歩いていることだろう。ぼんやりと前を行くおばあさんの後頭部を見ていたら、突然目の端で何かがきらりと光る。あ、光った、かな? と思ってその瞬間後、わたしは頭にロケットの破片食い込ませて死んでいる。なんてことがあるかもしれない。

 でもわたしは何もできない。日がな一日ぼけっと過ごしているだけのわたしに、空から突然降ってきたものを避ける能力などあるはずがない。


 例えば数年後、東京にまでたどり着いた放射能が害をなし、東京はもう首都としては使えなくなったとする。わたしは汚染された水を飲み、汚染された日向で干された布団で眠り、汚染された土地で学ぶ。こちらの方が大分あり得そうな話であり、これに怯えて生きる人間は多い。でも実際、できることなんてない。


 「だからね、なるようにしかならないんだよ」
 「では君は破滅をわかっていても、普通に生活すると言うのか」
 「そう。だって無意味。」


 破滅すると言うならきっとそうなのだろう。
 彼の言うことはいつも、それなりに正しい。


 「人間が多分、文明に依りすぎたせいだと思うの。そもそもあなたの言う普通ってなに?」
 「普通はふつう、だよ。君が毎日生きるように」
 「わたしが生きていることが普通だとは限らないと考えてはみないものかしら。でもそれはいいとして、わたし達は編み出した文明に依って生きて、それがないと生きていけない身体に造り変わってしまったと言うのに、いまさら何をしようと言うの?」



 ロケットも放射能も、きっと避けては通れなかったにちがいない。

 自我が生まれて、愛がうまれて、文明だとかそんなものが発達して、そうしたら次に生まれるのは諍いなのだ。すべて自分たちで生み出したものではないか。

 「文明なんて壊せないものを作ってしまったのだから、最期までそれを信じて生きればいいじゃない」
 「そうやって人間が色々なものを壊していくんだろう」
 「それじゃあなた、明日から電気も水も電車も箸も使わずに生活してごらんなさい。あなたってばまるで人間みたいなこと言うんだから」


 彼は何か言おうとしていたがやめた。わたし達はまだ、今日も普通に生きている。



スポンサーサイト