FC2ブログ

もみじに沈む

(Tue)

Posted in

2 Comments

 秋の夜に死ぬ
 秋の吐息を吸い込む
 冷たさを胸に満たして
 指先から死んでゆく

 ひっそり鳴いた秋の吐息
 ほのかに君のにおい
 ねえ どこかで溜息ついた?

 秋の夜を吸い込む
 どこかで君の吐息が
 混じったかもしれない

 やがて倒れ込む
 気づいたらわたしはひとり
 目を閉じる
 暗闇
 落ちてゆく
 火の中
 わたし。

 燃え落ちる葉は
 君の頬の赤
 ようやく安心して
 わたしは眠るの
 また次の命で
 めぐりあえるように
 君の夢に落ちてゆく



 某さんの絵に(勝手に)言葉を膨らませて。

スポンサーサイト



Comments

Re: No title

By 水無月 燐(Tue)URL

もみじの中に沈んでいる女の子の絵だったのです
かわいい感じの子だったので、いつもより砕けたイメージで書きました!

寒くなってくると指先が冷たくて、その感じがとっても好きです。


コメントありがとうございました!!

No title

By ポール・ブリッツ(Sat)URL

絵も見たくなってきましたが、うーん、がまんだ(^^;)

燃え上がるような真っ赤な落葉の中で、横たわり沈んでいく……いいですね。指先から冷たくなってくる秋の空気が伝わってきます。

個人的にはもうちょっと硬くてもいいかな、とも思いますが、そこは好みでしょうね。

Leave a comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)